エネルギー最適化システム

森村設計では、エネルギー最適化計画のためのシミュレーションツール(ESOP:Energy System Optimization Program)を利用し、各々建物独自の最適な熱源システムを計画設計しています。
ESOP は、コンピューターによる熱源システムの最適なシステム構成、運用方法、料金契約の検討を行うための独自に開発したソフトです。実際の運用において、熱源機器の効率は、外気条件(温度、湿度)、負荷率などによりリアルタイムに変化します。
ESOP は、それらの特性を忠実に再現することにより、エネルギー消費量を算定します。また、エネルギー各社の複雑な料金メニューにも対応し、詳細なランニングコストの計算を行います。
ESOP を利用して、いくつものシステムをシミュレートすることにより、多様化するシステム、料金メニューから最適なシステム計画、運用計画を提供します。
ESOP は、新築計画、リニューアル計画、運用改善計画の3つにおいて有効に活用できます。