エンジニアリング ファシリティーマネジメント

施設のライフサイクルコスト(LCC)を考えた場合、設備関連に関わる費用は約50%を占めます。このうちエネルギー消費に伴うコストが全体の約68%を占めています。イニシャルコストが多少増加しても省エネルギーに優れた設備システムを採用することで、LCCの低減に大きく寄与します。
また 竣工後の施設の保全に確実なエンジニアリング ファシリティーマネジメントを実施することによりエネルギー費用及び設備関連のLCCを確実に低減させることが可能になります。
PTMでは、設計から保全にいたるまで、施設のライフサイクルを考慮したLCCの低減を見据えたエンジニアリング ファシリティーマネジメントを提案しています。